ペニダ島(ヌサペニダ)観光おすすめ10選!を徹底解説

    透き通るエメラルドグリーンの海に囲まれ、未開発の自然が広がる神秘の島、それがインドネシア、バリ島の隣に位置するペニダ島(ヌサペニダ)です。

    ビーチリゾートやショッピング、スパなどの都会的な楽しみを提供するバリ島とは一線を画し、美しい自然や野生動物、地元の文化に触れることができます。

    サンゴ礁に囲まれたビーチでのシュノーケリング、美しい岩肌のビーチでの日光浴、地元の食事を楽しむ…そんな至福の時間を過ごすことができるペニダ島(ヌサペニダ)へ、一緒に旅を始めてみましょう。

    \おすすめのバリ島オプショナルツアー/
    • バリイク(バリ島で人気のオプショナルツアーを見る)

    バリイクでは高い満足度を誇るオプショナルツアーを多数掲載しております。いろんなオプショナルツアーがあるため、どれを選べばいいのか迷いますよね。

    バリイクではバリ島在住のコンシェルジュが無料でご相談に乗ります!

    利用無料で面倒な登録ナシ!LINEでサクッと質問できちゃいます。

    目次

    ペニダ島(ヌサペニダ)概要

    バリ島のすぐそば、約25キロの位置にペニダ島があります。ペニダ島はバリ島よりもはるかに小さな島ですが、その風景はバリ州(ペニダ島も含まれます)で最も素晴らしいものの一つです。

    これまでに何度もペニダ島を訪れていますが、その美しさはいつ訪れても新鮮です。この島は間違いなくインドネシアで訪れるべき最も美しい場所の一つです。

    バリ島から日帰りで訪れることもできますが、私は最低でも数日間滞在して観光することをおすすめします。素晴らしい写真スポット、ハイキングのルート、そしてペニダ島でできることがたくさんあります。

    ペニダ島(ヌサペニダ)観光のポイント

    インドネシア語の「ヌサ(Nusa)」の意味は島

    インドネシア語の「Nusa」は「島」を意味します。

    したがって、「ヌサペニダ(Nusa Penida)」は「ペニダ島」を意味します。多くのインドネシアの地名には、地理的な特徴や歴史的な出来事を反映した名前が付けられています。

    ペニダ島(ヌサペニダ)は、自然の美しさと神秘的な文化が混ざり合った場所であり、バリの主要地から離れて非日常的な体験を探求する観光客にとっては絶好の選択肢となっています。

    次に、ペニダ島(ヌサペニダ)の概要から詳細な観光情報まで、この魅力的な島の全貌を明らかにしていきましょう。

    ペニダ島(ヌサペニダ)とは

    ペニダ島(ヌサペニダ)は、インドネシアのバリ島南東部に位置する美しい島で、その透明な海、壮大な断崖、豊かな自然が特徴です。

    地元の人々の生活は、自然と調和した伝統的なものが残っており、その原始的な風景と一体となった生活は、訪問者に強烈な印象を与えます。

    ペニダ島(ヌサペニダ)の見所

    ケリンキンクビーチ(Broken Beach)

    海水が侵食して地下洞窟が崩壊し、穴が開いた珍しい地形が見られます。周囲の海の美しさと相まって絶景です。

    アンガルス岬(Angel’s Billabong)

    崖から海に続く自然のプール。潮が引いた時、ここで泳ぐことができます。

    クリンギングビーチ(Kelingking Beach)

    大迫力の崖から見下ろす美しいビーチ。ダイナミックな風景が広がります。

    クリスタル・ベイ

    ダイビングやシュノーケリングに最適な場所で、綺麗なサンゴ礁や豊富な海洋生物を見ることができます。

    ペニダ島(ヌサペニダ)の注意点

    ペニダ島(ヌサペニダ)は、道路の状況が良くないため、島内を移動するにはスクーターやバイクが便利です。ただし、運転に自信がない場合は、地元の運転手付きの車を借りることも可能です。

    また、日差しが強いため、日焼け止めや帽子などの対策もお忘れなく。島での食事は、ローカルの屋台やレストランで新鮮な海鮮料理を楽しむことができます。

    ペニダ島(ヌサペニダ)への行き方

    バリ島からのアクセス

    バリ島からペニダ島へは、主に高速ボートを利用して移動します。出発地はサヌールやパダンバイなどですが、その他にも様々な出発地点から選べます。

    サヌールからのボートは一日に数便運行されており、所要時間は約40分、大人の片道運賃は約200,000ルピア(2023年6月現在のレートで約14ドル)です。ボートチケットはオンラインや現地で購入可能です。

    観光税

    ペニダ島に到着した際には、新たに導入された観光税25,000ルピア(約1.75ドル)を支払う必要があります。

    この観光税は、ペニダ島、レンボンガン島、チェニンガン島の3つの島全ての入島と主要な観光スポットへの入場に適用されます

    ペニダ島(ヌサペニダ)観光のベストシーズン

    ペニダ島(ヌサペニダ)の観光に最適な季節(ベストシーズン)は乾季である5月から9月までです。この期間中は雨が少なく、日差しも強いため海水浴やシュノーケリング、ダイビングなどの海洋アクティビティに最適です。

    さらに、晴れた日にはペニダ島(ヌサペニダ)の絶景ポイントから見る景色がさらに美しく、写真撮影にも最適です。しかし、観光のピークは7月と8月なので、混雑を避けたい場合は5月初めや9月終わりを狙うと良いでしょう。

    あわせて読みたい
    バリ島の気候や気温は?ベストシーズンは乾季!天気、服装まで徹底解説 バリ島への旅行を計画する際、できればベストシーズンに行きたいと考えることでしょう。せっかくの海外旅行、思い切り楽しめる時期に出かけたいですよね。 バリ島は一年...

    ペニダ島(ヌサペニダ)観光のおすすめのグルメ

    ペニダ島(ヌサペニダ)では、以下の地元のグルメをぜひお試しください。

    海鮮

    ペニダ島(ヌサペニダ)は海に囲まれているため、新鮮な魚介類を堪能することができます。特にバリ島の伝統的な海鮮料理「Ikan Bakar」(焼き魚)は必食です。

    ナシゴレン

    インドネシアの代表的な料理で、ご飯を主成分とし、野菜や肉、魚介類、卵などと一緒に炒めたものです。

    サテ

    インドネシア全土で人気の料理で、串に刺した肉を焼いたもので、ピーナッツソースで味付けされます。

    ペニダ島(ヌサペニダ)のカフェ

    ペニダ島(ヌサペニダ)には、美しい海を眺めながら美味しい食事を楽しめるカフェがたくさんあります。地元のフルーツを使ったスムージーや、新鮮なココナッツウォーターなども試す価値ありです。

    ペニダ島(ヌサペニダ)のシュノーケリングポイント

    ペニダ島(ヌサペニダ)はその豊富な海洋生物とクリアな海水で知られ、特にシュノーケリングに最適なスポットがいくつもあります。

    クリスタル・ベイ

    クリスタル・ベイは、ペニダ島(ヌサペニダ)の西部に位置するビーチで、その名の通り、クリアで透明な水が特徴です。

    その水質と豊富なサンゴ礁は、ダイビングやシュノーケリングに最適な環境を提供しています。カラフルな魚の群れと一緒に泳ぐことができ、鮮やかな海洋生物が生息するサンゴ礁を間近で観察することができます。

    また、水深が浅く、海の透明度が高いため、シュノーケリング初心者や家族連れにも安心して楽しむことができます。

    マンタ・ポイント

    マンタ・ポイントはペニダ島(ヌサペニダ)の南部に位置し、その名前が示すように、ここではマンタレイ、すなわちマンタが見られることで有名です。

    マンタは一般的に深い海域に生息していますが、この地点では浅瀬にも姿を現します。体長が4メートル以上にも達する巨大なマンタと一緒に泳ぐことができ、その優雅な泳ぎは一生の思い出になるでしょう。

    ただし、マンタは天候や季節によって見られる確率が変わるため、事前にガイドと相談することをおすすめします。

    エスデー&ペッド(SD&PED

    SDとPEDは、ペニダ島(ヌサペニダ)の北部沿岸に位置するダイビングスポットで、その豊富な海洋生物と美しいサンゴ礁により、ダイバーたちにとって人気の場所となっています。

    SDは”セカンダリー・スクール”を意味する”SD”(Sekolah Dasar)から名付けられています。浅瀬から急なスロープになっている特徴的な地形は、鮮やかな色彩のサンゴ礁とともに、タートルやジャックフィッシュ、ブルートリガーフィッシュなどの海洋生物を引き寄せています。

    一方、PEDは岩肌とサンゴが交互に広がる地形を持つスポットで、ソフトコーラルの中を泳ぐ小さな生物から、大きなマンタまで、様々なサイズの生物を観察することができます。

    トヨパケ(Toyapakeh)

    トヨパケはペニダ島(ヌサペニダ)の北西部に位置し、その名はバリ語で「塩の水」を意味します。この地域は温暖な水流と豊かな栄養素により、多種多様な生物が生息しています。

    その水深は浅瀬から30メートル以上まであり、見事なサンゴの壁とその間を泳ぐ熱帯魚が見られます。また、モーリッシュ・アイドル、バンパーヘッド・パーロットフィッシュ、ホークビル・シータートルなど、種々の生物に出会うことができます。

    海流は比較的穏やかで、ビギナーから上級者まで楽しむことができ、ダイビングとシュノーケリングの両方が可能です。また、豊富な生物多様性と透明度の高さから、アンダーウォーター・フォトグラフィーにも最適です。

    ガマットベイ(Gamat Bay)

    ガマットベイは、ペニダ島(ヌサペニダ)の北部に位置するダイビングスポットです。その美しいサンゴ礁と豊富な海洋生物が見られることで知られています。

    特に、小さな湾が形成する穏やかな水面は初心者のダイバーにも適しています。

    ペニダ島(ヌサペニダ)観光スポット

    ペニダ島(ヌサペニダ)には見逃せない観光スポットがたくさんあります。

    ブロークンビーチ(Broken Beach)

    ブロークンビーチは、ペニダ島(ヌサペニダ)の西部に位置し、特徴的なアーチ型の洞窟が観光の目玉となっています。

    このアーチは自然の力によって形成され、その下を通る透明な海が一体となって、驚くほど美しい風景を作り出しています。アーチの周りを歩く遊歩道からは、断崖絶壁に打ち寄せる波や洞窟の中を流れる水の動きを眺めることができ、その壮大さに感動すること間違いありません。

    アンガルス岬(Angel’s Billabong)エンジェルズビラボン

    アンガルス岬、またはエンジェルズ・ビラボンは、ブロークンビーチの近くにある自然のプールで、岩石の隙間に海水が溜まって形成されています。

    特に、潮が引いた時には、海からの清澄な水がこのプールを満たし、泳ぐことができます。しかし、波や潮流が強くなると危険なため、必ず現地ガイドの指示に従うようにしてください。

    クリンキンビーチ(Kelingking Beach)

    クリンキンビーチはペニダ島(ヌサペニダ)の最も有名な観光地の一つで、巨大な崖から見下ろすビーチが絶景です。特にその形状がティラノサウルスの形に似ていることから、しばしば「T-Rex Bay」とも呼ばれます。

    崖からビーチまでは険しい道のりとなっていますが、その先に広がる透明な海と白い砂浜、そして周囲の豊かな自然は見る価値あります。ただし、崖からの登下りは危険が伴うため、適切なフットウェアを着用し、体調を確認した上で行うようにしましょう。

    テンべリングビーチ

    テンべリングビーチは、ペニダ島(ヌサペニダ)の西部に位置する美しいビーチで、その周囲に広がる自然豊かな森とともに、訪れる人々にリラックスした時間を提供しています。ビーチには明るい砂浜と透明な海が広がり、その後ろには高い崖と豊かな緑が広がっています。

    ここでは、自然と一体になりながら海水浴を楽しんだり、散策をしたりすることができます。また、周囲の森林では、バードウォッチングや自然観察も楽しむことができます。

    ゴアギリプトリ寺院(Goa Giri Putri Temple)

    ガリ・プタクは、ペニダ島(ヌサペニダ)の北部にある洞窟寺院で、この島の重要な信仰の中心地です。その名は「女王の丘」を意味し、洞窟内部には複数の祭壇が設けられ、バリヒンドゥー教の信者たちによって頻繁に使用されています。

    洞窟の内部は広大で、その中には多くのバットが生息しており、神秘的な雰囲気が漂っています。洞窟への入口は非常に狭いですが、中に入ると広大な空間が広がります。

    ルマー・ポホン・トゥリーハウス(Rumah Pohon “Tree House”)

    ルマー・ポホン・トゥリーハウスは、ペニダ島(ヌサペニダ)の一番の見所の一つで、特にインスタグラムで人気のスポットとなっています。

    これは文字通り木の上に建てられた小さな家で、その素朴な造りと周囲の自然との一体感が訪れる人々を魅了します。この家からは、海を見下ろす絶景が広がっており、特に日の出や日の入りの時間は絶対に見逃せません。

    テレタビーズヒル(Teletubbies Hill)

    テレタビーズヒルは、その名の通り子供向けテレビ番組「テレタビーズ」に出てくる丘を彷彿とさせる風景で知られています。

    その緑豊かな丘と青い空のコントラストは、まさに絵本から飛び出してきたような景色です。散歩やピクニックに最適なこの場所は、一日中楽しむことができます。

    アトゥビーチ(Atuh Beach)

    アトゥビーチは、ペニダ島(ヌサペニダ)東部にある美しいビーチです。白い砂浜、透き通った海、そして周囲を囲む壮大な石灰岩の崖が、絶景を形成しています。

    また、このビーチの近くには四つの岩礁があり、その特異な形状が目を引きます。

    ダイヤモンドビーチ(Diamond Beach)

    ダイヤモンドビーチは、アトゥビーチのすぐ近くにあり、その名の通りダイヤモンドのような形をした巨大な岩が特徴的です。

    ここでも白い砂浜と透明な海が広がっており、ゆったりとした時間を過ごすことができます。ただし、ビーチへのアクセスはやや困難で、急な階段を降りる必要があります。

    バナクリフポイント(Banah Cliff Point)

    バナクリフポイントの素晴らしいところは、崖沿いに展望台があり、それぞれの展望台から崖の端まで歩いて行き、下の岩に激突する波を見下ろすことができることです。

    これらの崖からは、海下に浮かぶ小さなマンタレイやスピードボートを見ることができます。また、海上に突き出たドーナツ形の岩、バナロックを見ることもできます​

    ペニダ島(ヌサペニダ)観光の持ち物

    ペニダ島(ヌサペニダ)を訪れる際には、以下のアイテムを持参すると便利です。

    日焼け止め

    ペニダ島(ヌサペニダ)の日差しは強いので、しっかりと防御するための日焼け止めが必要です。

    水着とタオル

    ビーチや自然のプールで泳ぐ機会が多いので、水着とタオルは必須です。

    シュノーケリングの装備

    レンタルも可能ですが、自分のものを持っている方が快適かもしれません。

    帽子とサングラス

    日差し対策として、帽子とサングラスを持参しましょう。

    ウォーターボトル

    常に水分補給をすることが重要なので、ウォーターボトルを持参すると便利です。

    快適な歩きやすい靴

    島内は一部道が悪いところもあるので、快適な歩きやすい靴がおすすめです。

    ペニダ島(ヌサペニダ)観光の移動手段

    ヌサ・ペニダ島へ到着後、島内の移動方法は大きく2つあります。一つは自分でバイクをレンタルする方法、もう一つは車とプライベートドライバーを雇う方法です。

    ペニダ島の道路は未舗装の部分も多く、狭い場所が多いため、安全性と快適さを考慮すると、車とドライバーを雇うことをおすすめします。費用はバリ島で一日運転するのとほぼ同じです

    レンタルバイク

    レンタルバイクは最も一般的で便利な移動手段で、島内の多くの場所にアクセスすることができます。ただし、道路の状況が良くない場所もあるため、運転に自信がない場合は避けた方が良いでしょう。

    プライベートドライバー

    運転を他人に任せたい場合、またはグループで旅行している場合は、プライベートドライバーを雇うことも可能です。これは安全で快適な移動手段であり、ドライバーが島の観光スポットや文化についてのガイドもしてくれることがあります。

    タクシー

    島内にはタクシーも運行していますが、料金は比較的高めです。

    まとめ

    ペニダ島(ヌサペニダ)はその自然の美しさと静けさで、日々の喧騒から離れてリフレッシュしたいという方にぴったりの場所です。島の絶景ポイントから見る景色は、誰もが感動するほど美しく、豊富な海洋生物と一緒に泳ぐシュノーケリングは、一生の思い出になることでしょう。

    島内の移動はレンタルバイクやプライベートドライバーを利用し、ローカルの屋台やレストランで美味しい地元料理を味わいましょう。ペニダ島(ヌサペニダ)は、あなたが求める理想的な休暇を提供してくれることでしょう。今すぐ旅の準備を始めて、ペニダ島(ヌサペニダ)の魅力を自分の目で確かめてみてください。

    • URLをコピーしました!
    目次