バリ島のタナロット寺院とは?海上に浮かぶ絶景の寺院を解説

    タナロット寺院は、バリ島の寺院の中でも特に夕暮れ時の風景が有名な寺院です。海に囲まれた岩の上に立つタナロット寺院が夕日に照らされる姿は圧巻です。

    バリ島には日没風景が人気の撮影スポットは複数ありますが、タナロット寺院はその中でも特におすすめです。夕暮れ時、空が紅色と金色に染まる瞬間、巨大な岩の上に建つ神秘的な建築物が現れます。

    その姿は、海と空が交わる地平線上に刻まれ、訪れる者すべてを魅了するのです。バリ島観光の際にはぜひ訪れてもらいたいタナロット寺院ですが、見学の際には少し気をつけたいこともあります。

    今回はタナロット寺院の見どころと行き方、観光するときの注意点についてまとめてみました。

    \おすすめのバリ島オプショナルツアー/
    • バリイク(バリ島で人気のオプショナルツアーを見る)

    バリイクでは高い満足度を誇るオプショナルツアーを多数掲載しております。いろんなオプショナルツアーがあるため、どれを選べばいいのか迷いますよね。

    バリイクではバリ島在住のコンシェルジュが無料でご相談に乗ります!

    利用無料で面倒な登録ナシ!LINEでサクッと質問できちゃいます。

    目次

    タナロット寺院とは

    タナロット寺院は、バリ島の西海岸に位置するヒンドゥー寺院です。海の中に浮かぶ岩の上に建っており、神秘的で力強い姿が印象的な海上の聖地です。

    その名前は、「海の中の土地(Tana)」と「岩(Lot)」を組み合わせたもので、寺院が険しい岩の上に建てられ、海に囲まれている様子を象徴しています。

    タナロットはバリのパワースポットの一つとされ、特にサンセット時の美しい景色で知られています。ヒンドゥー教寺院ですが ヒンドゥー教徒以外の人でも見学できます。本堂に入ることはできませんが、引き潮の時は岩場まで歩いて行くことができます。

    タナロット寺院の歴史

    16世紀、このエリアを旅行していたジャワの高僧が、この美しい場所こそ神々の降臨すべきところだとインスピレーションを受け、地元の人々に寺院を建てて海の神様を祀るようにすすめたことがきっかけだといわれています。

    海岸にある洞窟内には毒を持つウミヘビの巣があり、悪霊や侵入者から寺院を守る守護神だと信じられています。

    1980年、寺院の岩肌が崩れ始めたために寺院の基礎が危うくなったことがあります。このとき、バリ島の歴史的建造物保護のために出資された日本の融資を受けて、修復が行われました。

    現在の寺院は基礎が安定し、安全に見学できますので、心配しないでくださいね。

    タナロット寺院の魅力

    タナロット寺院の最大の魅力は、その独特な地理的な立地と独自の文化的背景にあります。波立つ海に立つその姿は、神秘的で壮観な美しさを放っています。

    特に夕日が寺院をバックに沈む光景は圧巻で、その美しさは世界中から観光客を引き寄せています。また、寺院はバリのヒンズー教文化の中心的な場所でもあり、さまざまな宗教的儀式が行われています。

    このため、バリの信仰生活を垣間見ることもできるのです。

    夕暮れの風景が素晴らしい

    タナロット寺院は夕暮れの風景が素晴らしいことで有名です。太陽が水平線に沈んでいく中、紫からオレンジ色へと空の色が変化していく様子はとても幻想的です。

    このサンセットのシーンを見るためだけに この寺院を訪れる旅行者も多いです。夕焼けのタイミングを目指して訪れる人は多いのですが、そこまで混み合うことはごくまれです。

    同じくサンセットが有名なウルワツ寺院やクタビーチは訪問者が多すぎて、ゆっくり夕焼けの景色を楽しめないこともありますが、そんな場合にもタナロット寺院がおすすめです。

    もちろん、夕暮れ時以外の時間帯にも訪れてみてください。

    ケチャックダンスも

    車で行く場合は、駐車場から数百m歩くことになります。参道の脇にはたくさんのギフトショップが並んでいるので、これらを覗きながら寺院へ歩いて行きましょう。

    日没の後は寺院の付近でケチャックダンスが行われます。ウルワツ寺院ほどの規模はありませんが、こじんまりとした中でじっくりと鑑賞することができます。

    また、会場が小さいので、ダンサーとの距離が近く、その迫力を十分に楽しむことができるでしょう。寺院の近くには 観光客向けのカフェやレストランがたくさん並んでいます 。

    これらで食事やドリンクを楽しみながら夕暮れの風景を眺めるのも魅力的です。

    タナロット寺院の見どころ

    タナロットはバリ語で「海の中の岩」を意味しています。その名前の通り、沖合の大きな岩の上にあるタナロット寺院は、長年の潮の満ち引きによって少しずつ形を変えてきました。

    そんなタナロット寺院の見どころを紹介します。

    岩場の上の神秘的な寺院

    タナロット寺院自体が間違いなく見どころの一つです。岩場の上に建てられ、潮の満ち引きによって海に囲まれたその姿は、圧倒的な存在感と美しさを放っています。

    寺院は信仰の象徴であり、ヒンズー教の神々に捧げられた祭壇が設けられています。また、寺院へのアクセスは潮の満ち引きによって変わるため、潮の流れとともに風景が変わるのを見ることも魅力の一つです。

    サンセットの美しさ

    タナロット寺院での日の入りは、その美しさから多くの人々が訪れる理由の一つです。

    寺院のシルエットがオレンジ色に輝く夕日に映える様子は壮観で、まさに絵画のような風景を楽しむことができます。サンセットの時間帯は多くの観光客で混雑しますが、その価値は十分にあります。

    宗教的な祭りと儀式

    タナロット寺院では定期的に宗教的な祭りや儀式が行われており、それらを見ることでバリのヒンズー教文化を深く理解することができます。

    特に満潮時に行われる祈りの儀式は見逃せません。祈りの声と波の音が混ざり合う中で、バリの人々が自然と共存し、神々を崇拝する深い信仰を垣間見ることができます。

    タナロット寺院のベストシーズン

    タナロット寺院は一年を通して訪れることができますが、特に雨季が明けて乾季に入る4月から10月がおすすめです。

    この時期は雨が少なく、晴れた日が多いため、海と寺院、夕日を一望できる確率が高まります。また、特別な宗教的な祭りが行われる日に訪れると、地元の人々と一緒に祈りを捧げる特別な体験もできます。

    赤道近くにあるバリ島は、季節に関係なく日の出と日の入り時刻は毎日ほぼ同じです。この付近の日没はだいたい午後6時~6時半ごろですので、午後5時頃に到着するように行けば、ゆっくり夕焼けを楽しむことができます。

    ただし、夕日の時間帯は観光客が増えるため、時間をずらして訪れることも一つの選択肢です。

    あわせて読みたい
    バリ島の気候や気温は?ベストシーズンは乾季!天気、服装まで徹底解説 バリ島への旅行を計画する際、できればベストシーズンに行きたいと考えることでしょう。せっかくの海外旅行、思い切り楽しめる時期に出かけたいですよね。 バリ島は一年...

    タナロット寺院観光の所要時間

    タナロット寺院の見学にかかる所要時間は1時間から1時間半くらいで十分でしょう。

    多くの旅行者が夕焼けの景色を求めてこの寺院を訪れるため、夕方頃の周辺道路は非常に混み合います 。 ひどい時はバリ島の中心から片道1時間半かかることもありますので、移動時間に余裕を持って計画を立てましょう。

    デンパサールからタナロット寺院への行き方

    タナロット寺院は、バリ島中心部から北西に約20km離れています。デンパサールからタナロット寺院へ行く場合、タクシーかカーチャーターを手配するのが一般的です。

    交通状況にもよりますが、45分~1時間程度で到着します。バリ島の他の場所からアクセスする場合も、タナロット寺院に行く公共交通機関はないので、タクシーまたはカーチャーターを利用することになります。

    カーチャーター

    おすすめなのはカーチャーターです。1日車をチャーターすれば、他スポットと合わせて効率よくバリ島を観光できます。

    タクシー

    タクシーの場合、行きはいいのですが帰りが不安です。タナロット寺院周辺には流しのタクシーはあまりいません。

    特に夕焼けを見てから帰る場合、周囲は真っ暗ですし、その状況でタクシーを探して値段交渉するのはしんどいでしょう。タクシーを利用するなら、往復で手配するのがおすすめです。

    ツアーに参加する

    タナロット寺院観光のツアーに参加することもできます。こちらも他の観光名所と合わせて回るツアーがあります。

    ただし、他の旅行者といっしょに行動しなくてはならないため、自分のペースで観光したい人は、カーチャーターなどがおすすめです。

    タナロット寺院を訪れる際の注意点

    タナロット寺院を訪れる際に気をつけたいことを書いておきます。

    訪れるタイミング

    タナロット寺院を訪れる際は、夕暮れ時に合わせて訪れるのがベストです。ただし、この時間帯は最も見学者が集中する時間帯なので、混雑を覚悟する必要があります。また、満潮時には寺院への立ち入りが制限されますので、注意しましょう。

    本堂にはヒンドゥー教徒以外は入れませんタナロット寺院はヒンドゥー寺院で、ヒンドゥー教以外の人は本堂に入ることができません。他の参拝者に敬意を払い、この場所の宗教的意義に配慮しながら見学しましょう。

    濡れてもよい足元で

    引き潮であれば寺院の足元まで歩いて行って、洞窟を参拝することが可能です。この場合、足元が滑りやすいので注意して歩いてください。また絶え間なく打ち寄せる波に、足は必ず塗れます。

    濡れてもいい足元で出かけるようにしてください。

    タナロット寺院訪問時の服装

    タナロット寺院見学の服装に特に決まりはありません。しかし地元の人にとってはとても神聖な場所ですので、失礼にならない格好で訪れるようにしましょう。

    足元が濡れるため短パン等で訪れる人もいました。 バリ島の他寺院では足や肩を露出した服装はNGですが、浅瀬を歩く必要があるタナロッ当寺院では、短パン程度であれば許可されているようです。

    タナロット寺院での体験談

    カーチャーターで夕方にタナロット寺院を訪れたことがあります。この時はスミニャックから行きましたが、午後4時過ぎに出発してだいたい1時間ぐらいで到着しました。

    道路は混んでいましたが、それほど渋滞しているわけでもなく、覚悟していたよりは スムーズに到着できました。ただし、帰りは渋滞してホテルに戻るのが遅くなるのは嫌だったので、少し早めに離れることにしました。

    入り口で入場料と駐車料金を支払い、チケットを受け取ります。大型バス用の広い駐車場もありますが、夕方の時間帯は満車になっていました。駐車場の隅に休憩所があり、トイレもあります 。

    トイレは有料で現金払いになりますので細かいお金とトイレットペーパーを持参しましょう。駐車場の近くに雑貨や衣料品を売っているギフトショップが並んでいますが、寺院へ向かう参道にもたくさんお店があるので、ここで買わなくても大丈夫です。

    寺院の入り口にある門をくぐると係員がいるので、チケットを見せて入場します。ここから寺院まで、400mほど参道を歩いて行きます。参道の脇にはギフトショップの他に、レストランや屋台もあります

    参道の終わりに割れ門があり、これが寺院の入り口です。バリヒンドゥー寺院の特徴でもある割れ門は悪い精霊を追い払うことができると信じられています。

    寺院の敷地内に入ると中庭があり、海が見えます。寺院の周りは公園になっており、散歩することもできます階段を降りていくともう1つ割れ門があって この先に寺院があります。

    この門をくぐってまっすぐ歩いて行くと、日没の絶景を狙ってやってきた、たくさんの旅行者とタナロット寺院が見えてきました。太陽が水平線に沈み、古代の寺院に暖かい色彩を与えるのを見るのは、忘れられない光景でした。

    旅行者が多く集まっていましたが、それでも寺院の雰囲気は穏やかで荘厳でした。岩の上に力強く建つタナロット寺院の本堂には、 ヒンドゥー教徒以外の人は入れません。ですので寺院の内部は見学できませんが、引き潮であれば、寺院の足元まで歩いて行くことができます。

    私たちが訪れたときはちょうど引き潮のタイミングだったので、歩いて渡ってみました。洞窟の中には聖水があって、多くの参拝者で賑わっていました。岩場には常に波が打ち寄せるので、とても滑りやすくなっています。

    足元は絶対濡れるので、サンダルなどで訪れている人も多かったですが、滑って転ばないよう注意しましょう。海の中にある岩の上に建てられた寺院が夕日に照らされて、なんとも幻想的な風景を演出していました。

    さすがに、ウルワツ寺院と並び、バリの2大サンセットスポットと言われるだけあります。先ほどの公園から、タナロット寺院の全貌を見渡せる高台に行くことができます。海を一望するレストランやカフェがあるので、食事を楽しみながら日没のタナロット寺院を鑑賞することも可能です。

    公園から高台までは、歩いて10分ほどですのでぜひ足を伸ばしてみてください。

    タナロット寺院の基本情報

    基本情報

    • 名称:タナロット寺院
    • 料金:大人 60,000ルピア(約600円)、子供(6〜12歳)30,000ルピア(約300円)

    タナロット寺院の入場料は、 料金は値上げされることもあるので、最新情報は現地で確認してください。

    タナロット寺院周辺のおすすめ観光スポット

    バトゥボロン寺院

    タナロットから北に少し歩いたところにあるバトゥボロン寺院もまた、訪れる価値のある海の寺院です。

    タナロットと同じように岩の上に建っていますが、こちらは天然のトンネルがあり(「穴の開いた岩」という意味の「バトゥ・ボロン」)、打ち寄せる波を背景にした自然の造形が印象的です。

    タナロットに比べるとやや静かで、静かに海の景色を眺めることができるスポットです。

    タマンアユン寺院

    タナロットから約11km離れた場所にあるタマンアユン寺院は、バリ島で最も重要な寺院の一つです。王によって建てられたこの「水の中の庭園寺院」は、見事な伝統建築と美しく手入れされた庭園を誇っています。

    寺院は広い堀に囲まれているため、寺院が水面に浮かんでいるように見え、特に日の出や日没時の光景は息をのむほど美しいです。

    あわせて読みたい
    バリ島のタマンアユン寺院とは?見どころ、楽しみ方を解説 バリ島は素晴らしいビーチと豊富な文化遺産で知られていますが、特にその中でも最も魅力的な場所の一つは、タマンアユン寺院です。 この寺院は17世紀の建築で、インドネ...

    エコー・ビーチ

    タナロットから車で30分ほどのチャングーにあるエコー・ビーチ。バリ島屈指のサーフブレイクを持つこのビーチは、サーファーにとって必訪の場所です。

    しかし、サーフィンに興味がなくても、ビーチサイドのカフェやシーフードバーベキューなど、活気あるビーチシーンを楽しむことができます。

    ビーチサイドのカフェやシーフードバーベキューなど、活気あるビーチシーンを楽しむことができます。さらに、バリの夕日を堪能できる絶好のロケーションでもあります。

    まとめ

    バリ島のタナロット寺院は、その独特な景観と神秘性から「海の神殿」とも称され、訪れる者に強烈な印象を与えます。寺院を囲む海の潮騒と、夕暮れ時の美しい夕日は感動的な経験を提供し、一度は見ておきたい世界の風景の一つと言えるでしょう。

    タナロット寺院の魅力はその風景の美しさだけでなく、バリの精神性や伝統が深く感じられるところです。

    • URLをコピーしました!
    目次